CADって何?CADのメリットと注意点を理解して導入する

CADって何?CADのメリットと注意点を理解して導入する

CADの概要とソフトの種類

CADは「Computer Aided Design」の頭文字をとった言葉で、日本では「キャド」と呼んでいます。日本語に直訳すると「コンピュータによる設計支援」となります。建築や工業製品の設計段階では設計図が作成されますが、手書きによる製図に代わり、CADが広く導入されることで、正確に設計図を描くことが可能になり、スピーディーな製品づくりができるようになりました。1960年代に原型となるCADソフトが開発されて以来、設計図を必要とする各業界にCADが浸透していることを考えると、日本だけでなく世界の経済成長に貢献したといっても過言ではないかもしれません。

CADは平面図などを扱う2次元CADのほか、立体的な製図に適している3次元CADがあります。また、各業界に特化した機能を搭載した専用CADや、逆にどの分野にも使える多機能の汎用CADも出されています。

CADのメリットと注意点

CADの大きなメリットの一つが、製図作業を効率化できることです。手書きの図面の場合は、鉛筆書きの跡が残りやすく、修正するのも大変でした。その点、CADの場合は、そもそもヒューマンエラーが入りにくい仕組みになっていることに加え、線の書き直しが簡単に行えます。技術の習得の面でも、CADは有利です。データ共有や管理が容易である点も、CADのメリットといえるでしょう。

CADは利点が多いですが、導入する際にはいくつか注意点があります。まず、導入する目的をはっきりさせないと、必要な機能が搭載されていないものを選んでしまったり、逆に必要ない機能が多く盛り込まれたものを選択し、導入コストが上昇する恐れがあります。使用者のレベルを考えた、使いやすいものを選ぶことも重要です。

水道CADは、コンピュータで上下水道の配置図面を設計するソフトです。従来の手書き設計よりも効率よく正確に設計することが出来ます。