CADってどんなもの?CADの基礎知識と、おすすめ無料ソフトのご紹介

CADってどんなもの?CADの基礎知識と、おすすめ無料ソフトのご紹介

CADってどんなもの?いまさら聞けない基礎知識

CADは、キャドと読みます。Computer Aided Designという言葉を略してCADと呼ばれています。日本語で表すと、コンピューター支援設計という言葉になり、コンピューターを使って設計をするためのツールを意味します。昔は紙に手書きで作られていた図面が、CADを使うことでコンピューターでデータとして作れるようになりました。さらに、CADには2DCADと3DCADという種類があり、2DCADは手書きと同じく平面のデータです。3DCADは、3次元の立体的なデータを作成することができます。

CADを使ってみたい!無料のおすすめCADソフト

CADを使ってみたい!と思った方に、無料のCADソフトをご紹介します。CADにはいろいろなソフトがあるのですが、初心者の方が最初から自分にあったソフトを見つけるのはなかなか難しいです。まずは無料のソフトで慣れることをおすすめします。初心者の方におすすめの無料CADソフトは、AR_CADです。AR_CADは2DCADなので、平面の建築設計図面や、パンフレットのデザインデータなど、平面的なデータを作成することができます。手書きに近い直感的な操作で、簡単に図面を作成することができるので、CAD未経験の方でも操作がしやすいCADソフトです。

無料のCADソフトを選ぶときには、操作に困ったときに自分でインターネットなどで対処方法を調べられるかが重要になります。AR_CADはたくさんの人に使われているので、支援サイトなど、助けになる情報がインターネット上にたくさんあることも初心者の方におすすめできるポイントです。習うより慣れろという言葉があるように、CADを知りたい、身につけたい方は、まずはAR_CADを使ってみてはいかがでしょうか。

電気CADとは、電気設備工事を行なう時に必要な、電気設計や電気設備図の作成を手助けしてくれる設計支援システムの事です。利用する事で従来の電気設計の工数を大幅に削減する事が出来るのが魅力です。